ラベルがカッコイイ『ジャックダニエル』とは?

ラベルがカッコイイ『ジャックダニエル』とは?

「ジャックダニエル」はその名の通り男性的なお酒です。
今回は、そんなジャックダニエルの歴史や魅力、おすすめの飲み方について解説していきます。 2017年11月26日作成

  • ウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキーウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキー
  • VIEW:568

「ジャックダニエル」はその名の通り男性的なお酒です。
今回は、そんなジャックダニエルの歴史や魅力、おすすめの飲み方について解説していきます。 2017年11月26日作成

ジャックダニエルは、バーボンウイスキーの中のテネシーウイスキーという種類です。広大な敷地を誇る蒸溜所のあるリンチバーグは、街全体がジャックダニエル一色。 年間25万人以上の観光客が訪れる一大スポットとなっています。

ジャックダニエルの主な特徴

ジャックダニエルの特徴といえば、やはりチャコールメローイング製法を挙げないわけにはいかないでしょう。深さ3m以上もあるサトウかえでの木炭層に、約10日間かけて原酒を1滴づつ垂らしじっくりと濾過していく、手間も時間もかかる方法です。 この製法によって、ジャックダニエル独特の芳醇な甘さとすっきりした飲み口が生まれます。原料の比率は、とうもろこし80%、ライ麦8%、大麦麦芽が12%と、一般的なケンタッキーのバーボンよりもとうもろこしが多く、喉ごしの良さにつながっているといわれています。 また、広大な蒸溜所の一角には、仕込み水となっているケイブスプリングの泉があります。この泉からは年間を通じ、毎分3千リットルもの良質な水がほぼ一定の水温13度で湧き出ています。

ジャックダニエルの歴史

ジャックダニエルは創業者の名前です。裁判所での記録が消失したため、生年月日は不明ですが、なんと7歳から蒸溜所で働き始め、13歳でその蒸溜所を買い取り、16歳で現在のリンチバーグに新しい蒸溜所を建設したといわれています。 その後、1866年に連邦政府登録の蒸溜所第1号になりました。

ジャックダニエルの知識

ラベルに描かれている「No.7」という数字ですが、そのいわれは未だに謎です。創業者ジャック・ダニエルのガールフレンドの人数、ジャックダニエルの頭文字「J」が7に似ている、樽の出荷番号、7番目の試作品など、いろいろな説があります。 また、黒いスタイリッシュなラベルのデザインが人気で、ロックミュージシャンにファンが多いことでも有名です。ローリングストーンズのギタリスト、キース・リチャーズもその一人で、ジャックダニエルと一緒のポートレイトも数多く撮影されています。

おすすめの飲み方・シチュエーション

ジャックダニエルといえば、やはりオンザロックスがおすすめ。ちょっとおおぶりなロックグラスに大きめの固い氷を入れ、ジャックダニエルを注いでみましょう。そんな、ちょっとラフで男っぽい飲み方が似合いますね。
映画「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」で、アル・パチーノ演じる盲目の退役軍人が常に飲んでいたのが、このジャックダニエルです。 劇中で、 ジャックダニエル ではなく「ジョン ダニエル」と呼んでいました。「俺は付き合いが長いからジョンでいいんだ」というシーンも印象的でしたね。頑固に見えて実は優しい、そんなキャラクターにジャックダニエルはよく似合っていました。
  • ウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキーウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキー
  • VIEW:568