スコッチウイスキー『ラフロイグ』の特徴、歴史、種類など徹底解説!

スコッチウイスキー『ラフロイグ』の特徴、歴史、種類など徹底解説!

ピート香のスモーキーな香りが特徴的で、強烈な個性を放つスコッチウイスキー「ラフロイグ」。今回はラフロイグのおすすめの飲み方や魅力に迫ります。 2017年12月03日作成

  • ウイスキー銘柄 - スコッチウイスキーウイスキー銘柄 - スコッチウイスキー
  • VIEW:4,324

ピート香のスモーキーな香りが特徴的で、強烈な個性を放つスコッチウイスキー「ラフロイグ」。今回はラフロイグのおすすめの飲み方や魅力に迫ります。 2017年12月03日作成

「ボウモア」が「アイラの女王」と呼ばれるなら、「ラフロイグ」は「アイラモルトの王」と呼ばれるにふさわしいウイスキーです。クセの奥に女性らしい甘さを隠し持つ「ボウモア」とは対照的に、「ラフロイグ」は男性らしさを感じさせるスコッチウイスキー。「ボウモア」を凌駕する圧倒的なクセとその個性が、世界中のファンを虜にし続けているのです。

ラフロイグの主な特徴

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

「ボウモア」が「アイラの女王」と呼ばれるなら、「ラフロイグ」は「アイラモルトの王」と呼ばれるにふさわしいウイスキーです。クセの奥に女性らしい甘さを隠し持つ「ボウモア」とは対照的に、「ラフロイグ」は男性らしさを感じさせるスコッチウイスキー。

「ボウモア」を凌駕する圧倒的なクセとその個性が、世界中のファンを虜にし続けているのです。の特徴は、他のアイラ島のウイスキーと同様、ピート香によってもたらされるスモーキーな香りです。

しかし、他の蒸溜所と比べても、その香りと強烈な個性は特筆すべきものであり、それゆえ「アイラモルトの王」とまで評されています。麦芽を乾燥させる際に使用するピートは、ヘザー、コケ類、海藻で生成した専用ピート採掘場のもの。

水分量の多いこのピートを、伝統的なフロアモルティング手法を使って大麦麦芽に炊き込みます。日本では、正露丸に近いと感じる人もいるほどの強烈な風味に圧倒されてしまう人も少なくありません。

ヨード様が強いので好みが分かれがちですが、一度ハマれば「ラフロイグ」以外を飲めなくなるというほど、奥深い魅力に包まれているスコッチです。

ラフロイグの味と香り

スコッチウイスキーの特徴といえば、甘い香りと味わいですが、ラフロイグは前述したようにとても独特な香りです。日本のファンの間では、「正露丸の香り」と言われています。

ですが、スモーキーな味わいの中にほんのりと海の磯の香りを感じ、スモーキーフレーバーが強く立ちのぼります。それが根強いファンを離さない理由となっています。

ラフロイグの歴史

「ラフロイグ」という言葉は、「広い入り江の美しい窪地」という意味であり、実際にアイラ島の蒸留所は、海辺の美しい風景に溶け込むように佇んでいます。1815年に創業されたこの蒸留所は、ブレンデッドウイスキーに大きな貢献をしてきました。スコッチのブレンデッドの風味に、複雑さとスパイスを与える役割を担ってきたのです。アメリカにおける1920年以降の禁酒法時代においても、「ラフロイグ」は薬用酒としての輸入が例外的に認められていました。

「ラフロイグ」が「アイラの王」といわれる由縁には、チャールズ皇太子の存在もあります。1994年、「ラフロイグ」は、風味の芳醇さとその強烈な個性、そして品質の高さから、チャールズ皇太子によって、シングルモルトでは初めて王室御用達のウイスキーに認められました。ちなみに、現在、王室御用達の認可を与える権限を持っているのは、エリザベス2世とエジンバラ公、そして、プリンス・オブ・ウェールズのチャールズ皇太子のみです。

ラフロイグの知識

「ラフロイグ」は、フロアモルティングという伝統的な手法を用いています。さらに、大麦麦芽を乾燥させるためのピートは、独自のピートを使用。専用ピート採掘場は湿原になっていて、海苔や海藻などが多く混入しています。これが「ラフロイグ」が強烈で独特な個性を持っている主な要因のひとつです。大麦の約8割は近隣のポートエレンに製造を委託しています。しかし、ラフロイグ蒸溜所で製麦している残りの15%ほどの大麦が、ラフロイグを個性的な味にしているのです。

おすすめの飲み方・シチュエーション

「ラフロイグ」のおすすめの飲み方は、他のシングルモルト同様、ロックか、ストレートです。強烈な個性の前に白旗を挙げてしまう方もとても多いので、無理は禁物です。しかし、少しでも興味を持ち、その強烈な個性にまた触れてみたいと思ったなら、ぜひ続けて飲んでみてください。「ラフロイグ」の香りや味に慣れてきたら、それはあなたにとっての新たなステージの幕開けとなるでしょう。

他のアイラと比べると、比較的、ソーダ割にしてもその美味しさを損なわずに飲めることも「ラフロイグ」の特徴です。非常にすっきりとした味わいと、ソーダで多少まろやかになったスモーキーな香りを感じることができます。匂いや味に抵抗がある方は、最初の一杯はソーダから始めてみてください。

ラフロイグの種類

ラフロイグ10年

英国チャールズ皇太子をはじめ世界に多くのファンを持っています。
強いスモーキーフレーバー、重厚でピーティーヘザー香るスモーキー、爽快なピート香と海藻を思わせる潮のアロマが特徴のラフロイグ10年ものです。

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

ラフロイグ クオーターカスク

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

力強いスモーキーフレーバーが特徴のラフロイグの中で、このクォーターカスクは、その名の通りフィニッシュを通常の4分の1の大きさの樽で行うため、樽の個性がより強く感じられる味わいとなっています。

ラフロイグ セレクトカスク

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

ラフロイグセレクトカスクは、異なる4タイプの樽を使用し造り上げられた究極ラフロイグ。ラフロイグ独特の香りとレーズンの香りが引き立つテイストです。さっぱりとした酸味と、ビターな味わいが目立つタイプです。

ラフロイグ18年

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

「ラフロイグ18年」は、バーボン樽で育まれた18年以上の長期熟成原酒をバッティング。 熟成の深い味わいと豊かな香りをそのまま残すため、冷却せず常温でろ過しています。 アイラ島の海岸を想わせる潮の香りや、適度なピート香に加え、フルーティさ、バニラのような華やかな香りも感じられます。 口にふくむと、ホワイトオーク樽由来のチョコレート様の柔らかな甘み、かすかなスモーキーさが広がり、贅沢で滑らかな余韻が長く続きます。

ラフロイグ30年

Bitly | URL Shortener, Custom Branded URLs, API & Link Management

出典:http//bit.ly

全体的に流通している数が少ないとされている「ラフロイグ30年」。 30年もの間熟成され深い甘さと深い味わいの両方を兼ね揃えた、滅多にお目にかかる事の出来ない代物です。
  • ウイスキー銘柄 - スコッチウイスキーウイスキー銘柄 - スコッチウイスキー
  • VIEW:4,324