秋から冬にかけてのウイスキーにあうお料理

秋から冬にかけてのウイスキーにあうお料理

これから秋が深まり旬の食材がどんどん市場に出回る季節を迎えます。今回はウイスキーにピッタリのお料理をご紹介していきます。秋といえば秋刀魚、今年は秋刀魚が豊漁だとか。あとは松茸。こちらはなかなか庶民の口には入らないようです。みなさんはどんな酒の肴で一杯やりますか? 2018年09月15日作成

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方

これから秋が深まり旬の食材がどんどん市場に出回る季節を迎えます。今回はウイスキーにピッタリのお料理をご紹介していきます。秋といえば秋刀魚、今年は秋刀魚が豊漁だとか。あとは松茸。こちらはなかなか庶民の口には入らないようです。みなさんはどんな酒の肴で一杯やりますか? 2018年09月15日作成

秋刀魚の塩焼き

YouTube

秋刀魚はウイスキーだけでなく日本酒にもビールにもピッタリです。塩秋刀魚の場合は塩をする必要がありませんが、生の新鮮な秋刀魚は塩を軽くふって、1時間くらい置いてから焼くとおいしく仕上がります。
焼き上がったら、大根おろしとスダチも忘れないようにしましょう。

イワシのぬか漬け

イワシのぬか漬けは北陸地方では「ヘシコ」と呼びます。イワシをぬか床に3カ月以上漬け込んで作ります。

【作り方】
① 新鮮なイワシを3日ほど塩づけして水洗いします。
② 野菜を漬けるぬか床から「ぬか」を別のタッパ―などに小分けしてイワシを3カ月以上漬けます。
ウイスキーはもちろんのこと、ビールや日本酒、ワインとの相性も抜群ですよ。

鰆の西京焼き

ウイスキーにピッタリの「鰆の西京焼き」。ウイスキーだけでなく日本酒にもあう酒の肴です。

【作り方】
① 鰆の切り身には、軽く塩をふって30分から1時間ほどおき、身から出た水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。
② 味噌300gと酒大さじ2、みりん大さじ2をまぜたものをタッパ―などに入れて、そこへ①の鰆を一晩漬け込みます。
③ 焼く前にゴムヘラなどで鰆に付いた味噌をぬぐってください。
④ 魚焼きグリルなどで香ばしく焼き上げたら完成。

イカと里芋の煮物

イカと里芋の煮物はほっと心安らぐ一品です。酒の肴として、またご飯のおかずにもピッタリ。

【作り方】3人前

水:250ml
濃口醤油:大さじ2
みりん:大さじ2
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
をお鍋に入れて

② 里芋を洗って皮をむきます。皮をむいたら半分にカット。
③ イカは開いて、軟骨をとり、ワタは捨てるか別のお料理に使用します。
④ ①に②の里芋を入れて沸騰してきたら③のイカを入れます。
⑤ あくが出てくるのですくい取りながら20分ほど炊きます。
⑥ あとは落としフタをして弱火で煮つめます。
⑦ 良い感じに煮詰まってきたら完成。

ヘルシーで簡単なサラダチキン

しっとりジューシーに仕上がるサラダチキンはとてもヘルシーな健康食。ウイスキーのつまみにとしても最適です。

【作り方】
① 鶏むね肉を開いて薄くし、塩、胡椒を両面にすり込みます。
② 鶏むね肉を丸めてラップで包み両端を結びます。
③ 鍋にお湯をわかして、そこにラップで包んだ鶏むね肉を入れます。
④ お湯が再沸騰したら、火を止めてフタをしてそのままさめるまで放置します。
⑤ さめたら完成。冷蔵庫で冷やすとさらにおいしくいただけます。

フライパンで焼くお好み焼き

ウイスキーの水割りやお湯割りにピッタリの「お好み焼き」です。

【材料】2人分
・キャベツ 半分
・玉子 3個
・小麦粉 大さじ7
・ジャガイモ 1個
・豚バラ 200g
最後に好みで、青のり・鰹節・お好み焼きソース・マヨネーズ

【作り方】
① キャベツを刻んで大きめのボールに
② 豚バラを適度な大きさに切り①へ
③ ①に玉子3個を割り入れて、小麦粉大さじ7、ジャガイモ1個をすりおろす
④ ③を手でざっくりと混ぜて
⑤ ④を油をひいたフライパンにのばしてフタをして弱火で7分焼く
⑥ 7分したら裏返してさらに弱火で7分焼いて完成。
⑦ 好みで青のり・鰹節・お好み焼きソース・マヨネーズをかけてください。

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方