ウイスキーで作ろう!簡単フルーツコンポート

ウイスキーで作ろう!簡単フルーツコンポート

ウイスキーをもっと楽しみたい!新たな楽しみ方を知りたい!そんな方のために、簡単においしくできるフルーツコンポートをご紹介します。 2017年11月12日作成

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:934

ウイスキーをもっと楽しみたい!新たな楽しみ方を知りたい!そんな方のために、簡単においしくできるフルーツコンポートをご紹介します。 2017年11月12日作成

「ウイスキーを料理に使う」と聞くと、違和感を覚える方も少なくないかもしれません。調理酒としては、日本酒やワインが一般的ですよね。日常的にウイスキーを料理酒として使う方は少ないことでしょう。
ウイスキーは「バーで飲むお酒」「手を加えてはいけないお酒」というイメージを持っている方も多いと思います。さらに、ウイスキーの複雑な味わい、甘み、苦み、アルコール臭の強さなどが、果たして料理に合うのかなど、疑問ですよね。

しかし、ウイスキーをワンポイントとして料理に使うことで、想像以上に料理にコクと風味が増すのです。

飲むだけがウイスキーではない!

果実との相性抜群! 

ウイスキーは、果実との相性がとても良いお酒です。特に、リンゴ、モモ、ブドウ、サクランボなどとの組み合わせは、互いの良さを引き出します。このことから、デザートの隠し味にウイスキーを使うことがよくあります。
また、チョコレートとも相性が良く、ウイスキーを加えることによって普通のチョコレートが、ほのかな芳醇さと濃厚な口当たりの高級チョコレートのように生まれ変わります。
チョコレートケーキや、チョコクッキーなどに隠し味として加えれば、大人っぽい風味や複雑な味わいを楽しめるでしょう。

肉料理にも相性がいい 

普通の料理にウイスキーを加えることで、料理全体の味わいが引き立ちます。日本酒、ワインの代わりにウイスキーを使ってもOK。特に、肉料理にオススメです。肉の臭みを消しつつ、ウイスキーの香りやコクを加えることができます。鶏のから揚げの作る時の漬け込み液にウイスキーを加えると、お肉が柔らかくなり、風味も増しますよ。

自宅で簡単、漬け込むだけのフルーツコンポート!

フルーツコンポートの作り方

ウイスキーと果実は相性が良いことには触れましたが、今度は、ウイスキーに直接果実を入れるフルーツコンポートをご紹介します。
コンポートは、丸ごと、もしくはカットしたフルーツをシロップ等で煮たものですが、ウイスキーを用いたコンポートは、基本的には果物を切って、ウイスキーの中に漬け込むだけです。
常温のウイスキーを空瓶に入れ、そこにお好みのサイズにカットした果物を入れるだけなので、非常に簡単ですが、ウイスキーの味は劇的に美味しく変化します。

甘さと爽快感の融合!女の子でも楽しめるフルーツウイスキー 

レモン、オレンジ、モモ、リンゴ、ブルーベリーやドライフルーツなど、いろいろ選択肢はありますが、基本的にどんな果物でも、ウイスキーのコク、まろやかさに加えて、フルーティさ、飲みやすさがアップします。
漬け込んでおいたウイスキーをソーダで割ると、果物の風味や味がより感じられ、爽快感も増します。さらに、漬け込んだ果物はウイスキーと相性の良いおつまみにもなります。
ウイスキーが余ってしまった時や、いつもと違う味わいにしたい時、もしくは、オリジナルウイスキーを作ってみたい時などに、ぜひ試してみてください。

いつものウイスキーも一工夫すれば新たな楽しみが広がります。今回ご紹介したコンポートは自宅で手軽にできるので、ぜひ試してみてください。

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:934