チェイサーでウイスキーストレートの楽しみ方が変わる!

チェイサーでウイスキーストレートの楽しみ方が変わる!

ウイスキー「ストレート」の楽しみ方について解説します。ウイスキーに合わせたチェイサーの選び方など、本記事を読んですぐ実戦してみて下さい。 2017年12月16日作成

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:640

ウイスキー「ストレート」の楽しみ方について解説します。ウイスキーに合わせたチェイサーの選び方など、本記事を読んですぐ実戦してみて下さい。 2017年12月16日作成

ウイスキーは飲み方を変えると味も変わり、何通りもの味わいを楽しめます。中でも好きな人が多い飲み方が、「ストレート」です。ここでは、ストレートの飲み方や、ウイスキーを美味しく味わうためのチェイサーの種類や選び方についてご紹介します。

ストレートとは

ウイスキーにはさまざまな飲み方があります。そのうちの一つがストレートです。ウイスキーの他に何も加えず、そのまま飲みます。
極めてシンプルですが、ウイスキーそのものの芳醇な香りと、味わいを楽しめる飲み方です。ウイスキーはアルコールが40度以上ありますので、ゆっくりと少しずつ飲むのがポイントです。
ストレートで味わう場合は、必ずチェイサーも用意します。ウイスキーとチェイサーを交互に飲むことで、酔いや脱水症状を防げますし、口の中をリフレッシュでき、何度でもウイスキーの味わいを新鮮に楽しめます。
ウイスキーの色、香り、味わい、余韻を直接的に楽しめる飲み方ですが、大量に飲む場合には注意しましょう。

いろいろなチェイサー

チェイサーとは、アルコールの高いお酒の後に追って飲むもののことで、日本酒と一緒に飲む和らぎ水のような役割を持っています。必ずしも水にしないといけないわけではなく、ウイスキーとの相性が良く、身体に負担がかからないものであれば、何でも大丈夫です。

最も代表的なチェイサーではないでしょうか。バーテンダーにチェイサーの有無について聞かれると、ついつい水を頼む人も多いはずです。頼む際は常温の水を頼むと、ストレートがより美味しく味わえます。水はウイスキーの仕込み水と似た水を飲むと、さらに美味しくいただけますよ。

炭酸水・ソーダ

炭酸水やソーダをチェイサーとして飲む人もいます。口のなかをさっぱりとしてくれますので、ウイスキーの美味しさを何度も味わえます。炭酸水やソーダにレモンを絞ると、爽快感が増して口のなかがリフレッシュできます。

ビール

お酒が強い人はビールをチェイサーとして飲んだりもします。もちろんビール以外のお酒をチェイサーとして飲む方法もあります。ビールの苦味はウイスキーの芳醇な香りと相性が良く、ウイスキーもビールもさらに美味しく味わえます。ボイラーメーカーという、ウイスキーとビールのカクテルもあるので、その相性の良さもうなずけます。

牛乳

牛乳をチェイサーにする人は少なくありません。バーでウイスキーとチーズを食べている人は多く、元々、乳製品との相性は抜群です。牛乳のまろやかさが口の中をリフレッシュしてくれます。

麦茶

麦茶をチェイサーに選ぶこともできます。麦茶割りがあるほど、ウイスキーとの相性は良く、ウイスキーの香りと味わいを何度も楽しめます。他のチェイサーに比べるとお腹に溜まらないため、ウイスキーも進みます。

チェイサーチョイスのコツ

どんなウイスキーにも合う

多くのウイスキーに合うのが、水、炭酸水、ソーダ、ビールです。ウイスキーは香りが強く、味も濃厚でクセのあるものが多いです。水は主張がないためウイスキーの味を壊しませんし、炭酸水やソーダも主張が強くなく、口の中をさっぱりさせてくれます。ビールは喉越しと爽快感があり、ウイスキーの香味を引き立てます。

甘みのあるウイスキー

甘みのあるウイスキーを飲む場合には、牛乳や麦茶をチェイサーにすると相性が良く、美味しくいただけます。牛乳は甘めのお酒に使われていることが多いように、甘さを程よく引き立てます。麦茶は口に残った甘さをリセットしてくれます。甘めのウイスキーが好きな女性におすすめです。

ストレートは、ウイスキーの香りや余韻などをゆっくりと味わえる飲み方ですが、度数が高いのでチェイサーを必ず頼むようにしましょう。麦茶やソーダなど、好みやウイスキーの味に合わせて選べます。早速これまで試したことのない初めての組み合わせで、ウイスキーを飲んでみてはいかがでしょうか。

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:640