ウイスキー人気ランキング:一度は飲んでみたい「超」高級編

ウイスキー人気ランキング:一度は飲んでみたい「超」高級編

ウイスキーが好きな方も、そうでない方も「一度は飲んでほしい」超高額銘柄をランキング形式で5つご紹介します。 2017年11月17日作成

銘柄紹介
銘柄紹介
VIEW:
467

ウイスキーが好きな方も、そうでない方も「一度は飲んでほしい」超高額銘柄をランキング形式で5つご紹介します。 2017年11月17日作成

目次

世の中には、誰もが飲んでみたいと思うような超高級ウイスキーがあります。どのウイスキーも月日を重ねるほど希少性が高まり、発売当初の価格よりも高値で取引されるのです。ここでは、そんな高級ウイスキーの中でも、特に人気のある商品をランキング形式でご紹介します。

5位:15000日の眠りから目覚めた「ラフロイグ 40年」

出典:https//goo.gl

ラフロイグ40年は、ラフロイグの究極とも言われる一本です。1960年3月14日蒸留で、瓶詰は2001年の5月29日です。2002年に世界中で2400本限定で発売されました。
アメリカのバーボン用オーク樽ではなく、ヨーロッパ製のオーク樽を使って熟成しています。シリアルナンバーや蒸留所マネージャーのサインも入っている本格品です。
マニアだけでなく、ウイスキーやお酒が好きな方なら、一度は飲んでみたい逸品です。
取引参考価格:¥675,000(税別)

4位 最上のモルトウイスキー「ハイランドパーク40年」

出典:https//goo.gl

ハイランドパーク40年はスコットランド北のオークニー諸島にあるハイランドパーク蒸留所で製造されています。深い味わいで、ダークチョコレートやダークフルーツのような香りが特徴的です。
低い気温を活かしてゆっくり樽熟成されており、最も権威のあるシングルモルトウイスキーの一つと言われています。2008年に世界1000本の数量限定販売を行い、日本には350本を出荷しています。
取引参考価格:¥247,980(税別)

3位 贅の限り!「軽井沢40年(芸者)」

出典:https//goo.gl

長野県の御代田町にある軽井沢蒸留所で製造される人気ウイスキー銘柄の軽井沢。これまで多くの賞も受賞しており、マッカランを抜いて世界トップの評価を受けたこともあります。
芳醇な香りとコクと深みのある味わいが特徴で、世界中のウイスキーファンを虜にしています。日本らしい芸者柄のボトルと箱も、商品の魅力を高めています。数が少ないですが、一生のうちに一口だけでも味わってみたい人気ウイスキーです。
取引参考価格:¥2592593(税別)

2位 愛され続けるお酒「マッカラン40年」

シングルモルトウイスキーのパイオニア企業「ゴードン&マクファイル社」が製造した500本限定のマッカラン。販売自体が限られており、抽選後に蒸溜所から購入する形で、発売価格は約70万円でした。
今後も取引価格が上がると見込まれている幻のウイスキーです。深い味わいと熟成香が特徴で濃厚な琥珀カラーが美しく、飲んだ後もしばらく余韻を楽しめます。
取引参考価格:¥101,0000(税別)

1位 死ぬ前に飲んでみたい!「山崎 50年」

出典:https//goo.gl

サントリーから発売された山崎50年。まさに死ぬまでに一度は飲んでみたいウイスキーです。
口当たりがまろやかでありながら力強く、まるで絹のようななめらかなコクを楽しめます。熟した果物のように甘く、熟成香があり、飲んだ後もしばらく余韻が続きます。海外からも高い評価を受けている、ミズナラ樽で半世紀眠ったモルト原酒が香味の主体となっています。
京都郊外の天王山を源とした、清らかでやわらかい水を仕込水にしています。ボトルはクリスタルボトルになっており、山崎という文字が彫り込まれています。
発売当初は数量限定で100万円程度で発売されましたが、今では10倍以上の額で取引されています。一口で良いから飲んでみたい、多くの人が憧れるウイスキーです。
取引参考価格:¥12,777,778(税別)

5つの高級ウイスキーをご紹介しましたが、どの商品も驚くほど高額です。「いつか飲みたいウイスキー」として目標にすれば、仕事のモチベーションも上がるかもしれませんね!