あなたは知ってる?ウイスキーの正しい味わい方

あなたは知ってる?ウイスキーの正しい味わい方

ストレートやロックなどでウィスキーを楽しむための「正しい飲み方」を知っていますか?今回は、目鼻口を使ってウィスキーを最大限に楽しむ方法をお教えします。 2017年11月27日作成

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:2,783

ストレートやロックなどでウィスキーを楽しむための「正しい飲み方」を知っていますか?今回は、目鼻口を使ってウィスキーを最大限に楽しむ方法をお教えします。 2017年11月27日作成

普段、ストレートやロックなどでウイスキーを飲むとき、どのような飲み方をしていますか?1杯を5分程度で飲み終えたり、ガブ飲みしたり、立て続けに飲んだりしていませんか。ここでは、ウイスキーを楽しむための正しい飲み方についてご紹介します。

目で楽しむ

ウイスキーは、香りや味わいだけを楽しむものではありません。まずは目で楽しみましょう。
ウイスキーをグラスに注いだら、色を楽しみます。グラスを手にとって、ゆっくりと回したり揺らしたりしながら、ウイスキーの色をじっくりと楽しみましょう。
ウイスキーによって琥珀色や黄金色など、色が微妙に異なります。美しい色をしているため、目でも楽しめるのがウイスキーの魅力の1つでもあります。飲む前に色を楽しむ習慣を身に付けましょう。

鼻で楽しむ

目で楽しんだ後は、香りを楽しむのがウイスキーの飲み方。ウイスキーには他のお酒にはない独特の深い香りがあります。
グラスを少し回したり揺らしたりしながら、ゆっくりと香りを吸い込んで味わいましょう。水割りなど、ウイスキーを何かで割っている場合は、ウイスキー本来の香りがしないこともありますので、ウイスキーそのものの香りを楽しみたい場合にはストレートがおすすめです。
スコッチウイスキーの場合はスモーキーな香りが特徴的で、ジャパニーズウイスキーは控えめなスモーキーの香り、カナディアンウイスキーは軽快な香りなど、各ウイスキーによっても香りが違います。バニラのような甘い香りを楽しめるウイスキーもあり、香りを意識することでより一層味わいを楽しめます。ただし、ウイスキーを香る際は、グラスに近づき過ぎたり、思い切り吸い込み過ぎたりしないようにしましょう。匂いが強い場合は、むせてしまう恐れもありますので注意してください。

舌で楽しむ

ウイスキーの色と香りを楽しんだ後は、いよいよ舌で楽しみます。
まず、ウイスキーはビールのように一気に飲むのはNGです。一口をできるだけ少量にして飲みましょう。口に含んだ後もすぐに飲み込まず、舌の上でころがしてからゆっくりと飲み込みます。
ハイボールなどの場合は、舌でころがす必要はありませんが、ストレートやロックで飲む場合は口の中でころがして、ウイスキーをゆっくりと味わいましょう。

余韻

飲み込んだ後も、すぐに次の一口にいってはいけません。ウイスキーは口の中に入れた時だけでなく、飲み込んだ後も味や香りの余韻を楽しむことができるお酒です。
飲む前と飲んでいる最中、飲み込んだ後で、味や香りの変化を楽しめるのもウイスキーの魅力です。また、ウイスキーの種類によっても余韻が続く時間が異なります。

次の一口の前にチェイサー

一口毎に、ミネラルウォーターやソーダ水などのチェイサーを飲むようにしましょう。チェイサーを飲むことで、口の中がリフレッシュできますし、酔い過ぎ防止にもなります。
また、チェイサーで口の中をリセットすれば、何度でもウイスキーの深い味わいを楽しむことができます。
ウイスキーのストレートやロックは、5分〜10分で飲むのにはもったいないお酒。1杯に20〜30分程時間をかけてゆっくりと楽しむのが醍醐味です。

ウイスキーは他のお酒とは違った楽しみ方ができるお酒です。美しい色や香ばしい香り、美味しい味わい、長い余韻など、一口で様々な楽しみ方ができます。バーや自宅でウイスキーを飲む際は、これらのことを意識して味わってみてくださいね。

  • ウイスキーまとめ - 楽しみ方ウイスキーまとめ - 楽しみ方
  • VIEW:2,783