おすすめアメリカンウイスキー『フォアローゼズ』

おすすめアメリカンウイスキー『フォアローゼズ』

ファアローゼズは女性らしい名前で、華やかさと繊細さを兼ね備えたバーボンウィスキーです。
今回は、フォアローゼズの魅力や歴史などについて解説します。 2017年11月24日作成

  • ウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキーウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキー
  • VIEW:400

ファアローゼズは女性らしい名前で、華やかさと繊細さを兼ね備えたバーボンウィスキーです。
今回は、フォアローゼズの魅力や歴史などについて解説します。 2017年11月24日作成

フォアローゼズといえば、やはり4輪のバラの描かれたロマンティックなラベルが有名です。味わいもラベルやその由来となったエピソードに負けないほど甘くスムーズで、多くの人から愛されているバーボンウイスキーです。

フォアローゼズの主な特徴

出典:https//goo.gl

フォアローゼズの特徴は、原材料と酵母へのこだわりにあります。まず、とうもろこしとライ麦の比率が異なる2タイプの原料配合比で、5種類もの酵母を組み合わせた10種類の原酒を造ります。 原酒ごとに、花の香り、イチジク、シナモン、ハーブ系など、香りの種類が異なっており、それらを絶妙にブレンディングすることで華やかな味わいを実現しているのです。スタンダードの他には、フォアローゼズブラックフォアローゼズプラチナフォアローゼズシングルバレルがラインアップされています。 フォアローゼズプラチナは、ケンタッキー州立200周年を記念してボトリングされたものです。

フォアローゼズの歴史

誕生は1888年、創業者ポール・ジョーンズによって「フォアローゼズ」というブランド名が商標登録されました。ジョーンズの蒸溜所は禁酒法時代にも生産が認められていましたが、これは「薬用」という位置づけでした。 禁酒法や第二次大戦をくぐりぬけ、フォアローゼズは欧州やアジア各国などに輸出を開始、世界中から愛されるブランドとして躍進していきました。日本では1971年から販売が開始され、現在に至ります。

フォアローゼズの知識

フォアローゼズの由来として最も有名なのが、創業者ポール・ジョーンズのエピソード。ジョーンズはある日、絶世の美女に会い一目惚れしてプロポーズしました。 彼女はプロポーズを受け入れた気持ちの印として、薔薇のコサージュをつけて舞踏会に現れたのです。このエピソードからフォアローゼズと名付けられ、ラベルにも薔薇が描かれたとされています。

おすすめの飲み方・シチュエーション

都会的で洗練されたフォアローゼズに似合うのは、やはりハイボール。ライトで爽快感ある味わいは、最初の1杯としても最適です。 作り方は、まず大きめのタンブラーを用意します。 氷をたっぷりと入れ、フォアローゼズを1/3程度注ぎ、よくステアします。 注いだ量の2倍程度の冷えた炭酸水を加え、また軽くステアします。 炭酸が逃げてしまわないよう、氷に炭酸水が触れないように注ぐのがポイントです。 また、バーボンミストもおすすめです。 オールドファッションドグラス(ロックグラス)をクラッシュド・アイスで満たします。 フォアローゼズを注ぎ、軽くステアし、グラスが水滴に包まれたら出来上がりです。 グラスがミスト(霧)のような水滴に包まれることから、この名が名付けられました。 クラッシュド・アイスを作る際は、氷を手のひらにのせてスプーンで軽く打ちつけるようにすると、きれいに細かく割れます。
フォアローゼズは、名前もテイストもとても甘くまろやかなバーボンウイスキーですが、確かな経験値と化学技術を融合させた高度な品質管理に支えられています。 この高い品質が世界的なベストセラーウイスキーとして愛される結果につながったのでしょう。
  • ウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキーウイスキー銘柄 - アメリカンウイスキー
  • VIEW:400