おすすめスコッチウイスキー『オールドパー』の由来とは?

おすすめスコッチウイスキー『オールドパー』の由来とは?

品質の良いスコッチのブレンデッド「オールドパー」は、日本でも人気が高いことで有名です。
日本を牽引した歴史上の政治家たちを虜にしたことでも知られています。 2017年12月12日作成

  • ウイスキーまとめ - 豆知識ウイスキーまとめ - 豆知識
  • VIEW:1,852

品質の良いスコッチのブレンデッド「オールドパー」は、日本でも人気が高いことで有名です。
日本を牽引した歴史上の政治家たちを虜にしたことでも知られています。 2017年12月12日作成

非常に元気で精力的に活躍し、その長寿を全うした歳は、なんと152歳という、英国史上最長寿と言われる伝説の人物が、トーマス・パ―です。 このウイスキーは、この人物にあやかって名づけられました。彼の長寿を熟成年数に重ね、彼の足跡を、自社のブレンド技術と伝統に重ねたのです。品質の良いこのスコッチのブレンデッドは日本でも人気が高く、明治時代の政治家たちを虜にしていたことでも知られています。 今回は、物語性に富んだ「オールドパー」について取り上げていきます。

オールドパーの主な特徴

出典:https//goo.gl

オレンジを思わせるような柑橘系の爽やかな香りと、ほのかな蜂蜜の甘さが感じられます。味わいは、非常になめらかで余韻が長く、食中酒としてもおすすめ。

すっきりとした甘さが感じられ、最後にほのかにスモーキーさが顔を覗かせます。香り、味わい共に調和がとれていて、全体的なバランスの良さを感じさせます。

複雑な香りと味わいの融合は、ブレンデッドならではといえるでしょう。

オールドパーの歴史

「オールドパー」」は、蒸留所と提携してウイスキー販売を行っていた父をもつ、グリンリース兄弟によって生み出されました。兄弟は、ブレンディング会社「グリンリースブラザーズ」社を1871年にロンドンに設立します。 彼らの努力とそのブレンド力によって、この時代には難しいとされていたコクがあって深い味わいのあるウイスキー、「オールドパー」が誕生しました。 当時から、「オールドパー」の特徴的なボトルは変わっていません。四角形で角が丸い形、ボトルの表面がひび割れしているかのような模様は、「オールドパー」の伝統として、現在まで引き継がれています。

オールドパーの知識

「オールドパー」の名前の由来とされるトーマス・パ―は、1483年から1635年まで生きた英国最長寿の人物です。1635年、彼の姿を一目会見たいと考えた当時の国王チャールズ1世は、彼をロンドンまで招いたとされています。 彼の亡骸は、ウエストミンスター寺院の「詩人のコーナー」に埋葬され、現在も眠っています。その墓石には、長寿の証として10人もの英国王の名前が刻まれているのです。 長寿を語る物語性と共に人気を博する要因となったのが、ボトルの形状です。四角形で角がとられたボトルの形は、角を下にして傾けても絶対に倒れないようになっています。 この倒れない形状と物語が相まって、明治初期の日本の政治家たちに好まれるようになったといわれています。

おすすめの飲み方・シチュエーション

非常にバランスよく、どのような飲み方をしてもおいしくいただける力のあるスコッチです。

はじめはソーダ割りや水割りなどでのどを潤し、最後にロックやストレートで締める飲み方もいいでしょう。

また、パー老人の長寿にあやかったり、絶対に倒れたくない、負けたくないときのげんかつぎとしてもオススメです。

今回は、非常に物語性に富んだスコッチのブレンデッド「オールドパー」を取り上げました。 ラベル、ボトル、ともに特徴的で、昔から多くのファンを虜にしてきた銘酒です。香り、味わい共に飲み方を自由に選べ、品質に優れたウイスキーなので、ご自分のお好きな飲み方でゆっくりとたのしんでください。
  • ウイスキーまとめ - 豆知識ウイスキーまとめ - 豆知識
  • VIEW:1,852