贈り物に間違いない!おすすめしたいウイスキー各種

贈り物に間違いない!おすすめしたいウイスキー各種

贈り物にウィスキーを贈るという方は今も多くいます。それは多くの場合においてウィスキーの持つ気品と高級感によるものであると考えられています。 2018年01月23日作成

  • ウイスキーまとめ - ウイスキー入門編 ウイスキーまとめ - ウイスキー入門編
  • VIEW:140

贈り物にウィスキーを贈るという方は今も多くいます。それは多くの場合においてウィスキーの持つ気品と高級感によるものであると考えられています。 2018年01月23日作成

今回は贈り物に最適なウィスキーを紹介していきます。ここで紹介するウィスキーは贈られた人が喜んでくれるであろうものばかりです。

1. 万人向けするウイスキーとは?

ウィスキーは一昔前は非常に高級なお酒であって、一般の人は買う事が難しいと考えられていました。
セレブの間の贈り物としてしばしばウィスキーが使われていました。
しかしながら、最近では一般の人でも購入することが可能な価格帯になってきてはいます。
それでもある世代よりも上の人達には今でも高級なものという認識があります。
ですから、ウィスキーを贈る際にはできれば自分よりも上の世代の方に贈ると大きな意味があると言っても過言ではありません。

また、外国製の高級ウィスキーも現在では国内で販売が行われていますので、贈り物として贈ることも容易となっています。
飲みやすくそして気品のあるボトルのウィスキーを贈るのが一般的には良いとされていますので、そのような高級ウィスキーが万人向けのウィスキーと言ってもいいでしょう。
また、いろいろな味のウィスキーが販売されていて、それに対する好みも十人十色ですので、贈る方の好みに合わせたウィスキー選びも重要なポイントになるはずです。

2. キルベガン

キルベガンはアイルアンドのウェストミーズ州のブロスナ川にある蒸留所で製造されているウィスキーでサントリーが販売をおこなっています。 蒸留所は現在も川の低い位置に作られており、19世紀に作られた水車が今も活用されています。 水車からはスチームエンジンを使って電力を生み出すこともできるのですが、現在はほとんど用いられてはいません。 魅惑の琥珀色のウィスキーであり、更には、当時の雰囲気を醸しだしてくれる魅力的なデザインのボトルであることもあり、日本国内にも多くの愛好者がいます。 そのために贈答として用いられる事が多い銘柄のウィスキーです。

3. ジム・ビーム

ジム・ビームは、ケンタッキー州、クラーモントで蒸留製造されているバーボン・ウイスキーの銘柄でサントリーが販売を行っています。 1795年から製造がおこなわれている由緒正しいウィスキーとして知られています。 ラベルによって区別されるバリエーションがジム・ビームにはあります。 特に白ラベル(熟成7年)、黒ラベル(熟成8年)は人気です。 白ラベルの7年ものはケンタッキー州以外では手に入れることができないとも言われるほどの逸品です。 これらのシリーズは日本でも多くのファンによって愛されていますので、贈答品として適したウィスキーです。 ジム・ビームは4種類のプレミアム・スモール・バッチ・バーボンであるノブ・クリーク、ベイシル・ヘイディン、ベイカーズ、ブッカーズを製造しておりこちらも国内で大きな人気を保っています。 ジム・ビームは、マッシュとしてトウモロコシが51%以上となっており、焦がしたオークのバレルのなかで、2年以上の長い期間貯蔵されることによって作られていますので、独特の味わいを演出することが可能となっています。

4. ワイルドターキー

ワイルドターキーは、オースティン・ニコルズ社が製造するバーボン・ウイスキーで、日本国内においてはサントリーが販売を行っています。 ワイルドターキーのブランド名は1940年に当時の社長が七面鳥のハンティング仲間に自慢のお酒をふるまった際にそれが好評を博したことに由来すると言われています。 その独特と七面鳥の描かれたラベルによって世界中に多くのファンがいるほどの人気の銘柄となっています。 もちろん日本国内においても多くのファンが存在していますので、贈答品には最適なウィスキーといえます。 特に熟成期間の長いワイルドターキー 12年(アルコール分50.5%)、ワイルドターキー アメリカンスピリット 15年(アルコール分50%)、ワイルドターキー トラディション 14年は高級ウィスキーとしての位置を確立していますので贈答に最適です。
  • ウイスキーまとめ - ウイスキー入門編 ウイスキーまとめ - ウイスキー入門編
  • VIEW:140