ジャパニーズウイスキー「知多」とは?

ジャパニーズウイスキー「知多」とは?

ジャパニーズウイスキーの「知多」を紹介します。日本で生まれ多くの人たちに愛されてきた、知多の基礎知識からおすすめの飲み方まで紹介します。 2017年12月15日作成

  • ウイスキー銘柄 - ジャパニーズウイスキーウイスキー銘柄 - ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーの「知多」を紹介します。日本で生まれ多くの人たちに愛されてきた、知多の基礎知識からおすすめの飲み方まで紹介します。 2017年12月15日作成

目次

特徴

ジャパニーズウイスキー「知多」は、原料にトウモロコシを使っており、軽やかな飲み口とやわらかい性格を持つウイスキーで、グレンウイスキーに分類されます。このような特徴から、サイレント・スピリッツとも呼ばれているウイスキーです。

トウモロコシを使ったウイスキーの製造方法は、連続式蒸溜機を用いてから樽で熟成します。知多は世界に類をみない原酒の作り方が特徴です。連続式蒸溜機によって、3つの原種が製造されています。

ヘビータイプの原酒は香りが強く味わいが豊で、ミディアムタイプの原酒は穀物のうまみを持ちマイルドです。クリーンタイプの原酒は甘みが感じられクリーンな原酒に仕上がっています。さらにそれぞれの原酒をホワイトオーク樽、スパニッシュ―ク樽、ワイン樽などを用い作り分けしています。これら複数の原酒をブレンドしたものが知多になります。多数の原酒を混ぜることで、知多は軽やかな味わいとほのかな甘みを持つウイスキーに仕上がっており、素材のうまみを生かす日本食にピッタリです。

知識

ジャパニーズウイスキーである知多が製造される地とは、知多半島にある知多蒸溜所です。サントリーが所有する蒸溜所3か所のひとつで、1972年からウイスキー作りをしています。

残念ながら現在のところ、知多蒸溜所では工場見学や直販は行われていません。知多のパッケージにはジャパニーズウイスキーらしい、和紙ラベルを採用しています。ラベルのデザインは書家の萩野丹雪氏によるものです。知多という文字が流れるように描かれているのは、風をイメージさせているからです。キャップシールにも濃藍を線状に重ねることで、軽やかな風を表現させています。

ウイスキーには大麦麦芽を用いたモルトウイスキーと、トウモロコシなどを原料とするグレンウイスキーの2種類があります。モルトウイスキーは刺激の強さが特徴のため、大麦麦芽だけでは表現できない味を再現したのがグレンウイスキーです。サントリーの蒸留所のなかでも、グレンウイスキーを製造しているのが知多蒸溜所となります。グレンウイスキーは主役になることはないのですが、料理を引き立てるそんな存在です。

おすすめの飲み方

ウイスキー知多は日本食と相性が良いよう作られているため、素材の味を楽しむ出汁巻き卵などの素朴な料理と合わせるのがおすすめです。やさしい香りとほのかな甘みは、和食を引き立ててくれます。

和食と知多を合わせるなら、ハイボールにして楽しんでみましょう。
知多を使ったハイボールの作り方を紹介します。

1・グラスにたっぷりの氷を入れます。
2・知多をグラス3分の1など適量注ぎます。
3・ソーダをグラスに沿うよう注ぎ入れてください。
4・炭酸が抜けないようマドラーで縦に混ぜたらできあがりです。

ほかにも和の食材とも知多は相性が抜群です。たとえばすだちを入れて爽やかなハイボールを楽しむ方法や、大葉やショウガのようなすっきりとした飲み口の素材とも合います。山椒を加えてスパイシーな味を楽しむのもおすすめです。知多を使って水割りを楽しむなら、ぜひ前日に水を加えてみてください。

じっくりと時間をかけて馴染ませることで、柔らかい風味が楽しめます。寒い時期にはお湯で割り、ホットで楽しむ飲み方もおすすめです。知多はストレートで飲むと、ラムレーズンのような香りが広がり、独特の酸味も楽しむことができます。

通販で買うなら

知多を通販で購入するなら、正規代理店での購入がおすすめです。こちらのショップの利用なら、ギフトボックスにしてくれるためプレゼントとしても利用できます。知多のウイスキーは甘みがあるのが特徴のため、女性への贈り物としてもおすすめです。

配送はクール便が選択できるため、品質の劣化を防ぎたい方でも安心して利用できます。

出典:https//goo.gl

知多のウイスキーは日本を代表とする銘柄です。すっきりとした味とほのかな甘みが特徴で、料理を邪魔しない脇役のような素材となっています。和食にウイスキーを合わせるなら、知多がおすすめです。

  • ウイスキー銘柄 - ジャパニーズウイスキーウイスキー銘柄 - ジャパニーズウイスキー