初心者でも大丈夫!美味しいウイスキーの飲み方をおすすめ

初心者でも大丈夫!美味しいウイスキーの飲み方をおすすめ

ウィスキー初心者の方はどのようにウィスキーを飲んでいくのが良いのかわからないものです。間違ったいただき方を最初にしてしまうと、十分に楽しめない場合も出てきてしまいます。 2018年02月25日作成

  • ウイスキーまとめ - 飲み方ウイスキーまとめ - 飲み方

ウィスキー初心者の方はどのようにウィスキーを飲んでいくのが良いのかわからないものです。間違ったいただき方を最初にしてしまうと、十分に楽しめない場合も出てきてしまいます。 2018年02月25日作成

目次

今回は、初心者の方にお勧めのウィスキーのいただき方を紹介していきます。これ以外にもいろいろないただき方があるかもしれませんので、自分なりに開拓してみてもいいでしょう。

1.炭酸で割る飲み方

一番飲みやすいウィスキーのいただき方はハイボールなどのように炭酸で割るいただき方です。
炭酸で割ることによってウィスキーのアルコール度数が減りますので飲みやすくなります。
普通の炭酸で割る場合にはお好みに合わせてレモンやライムなどを添えて飲むとスッキリと飲むことができるようになるはずです。

また、市販されている炭酸飲料でウィスキーを割ってみても良いでしょう。
サイダーやレモンライムなどの炭酸飲料でしたら、ウィスキーをさわやかに飲むことができるようになるはずです。
また、コーラもウィスキーには非常によくマッチしますので、お勧めのいただき方になります。
オレンジ、グレープなどの炭酸飲料でウィスキーを割って飲んでみても良いでしょう。

普段いただいている炭酸飲料にウィスキーを混ぜるという感覚で最初はいただいてみてもいいでしょう。
そのうちになれてしまえば、立場が逆転して、ウィスキーを炭酸飲料で飲むイメージになっていくことでしょう。

2.氷を使った飲み方

ウィスキーの飲み方ですが、氷を混ぜて飲んでみるのもお勧めです。
比較的お酒に強い方でしたら、大きなサイズの氷を入れて飲んでみるといいでしょう。
ウィスキーの味を十分に楽しみながらいただくことができるようになるはずです。

じっくりと時間をかけながら、ウィスキーを楽しみたいと思っているのであれば、中程度の大きさの氷を入れていただいてみるといいでしょう。
アルコール度数の変化と味わいが少しずつ変わってきますので、味のバリエーションを楽しむことができるようになるはずです。

また、氷をシャーベット状にしていただくとなめらかな味わいを堪能できるようになるので、お勧めです。
これまで味わったことのない深遠な舌触りを体感できるようになるはずですので、試して見てもいいでしょう。

3.温かいウイスキー

暖かくしてウィスキーをいただくというのもお勧めです。
冷たくしてウィスキーをいただくよりも体が温まりますので、お勧めです。
無理なくウィスキーをたのしめるので、初心者の方には特にお勧めです。
寒い日などにウィスキーをいただくと体が温まるとは言われていますが、それでも冷えたウィスキーを飲んでしまうと体が冷えてしまって体調を損ねてしまうこともかんがえられますので、ウィスキーになれるまでは温めて飲むようにしてもいいでしょう。

4.他の飲み物を組み合わせて

他の飲み物と組み合わせてウィスキーをいただくというのもお勧めです。
ウィスキー初心者の場合には普段自分が飲んでいる飲み物と混ぜて飲んでみてもいいでしょう。
コーヒーがお好きな方でしたら、コーヒーと混ぜてみるのもお勧めです。
意外に思うかもしれませんが、コーヒーとウィスキーは非常によくマッチするものです。
コーヒー以外の紅茶や緑茶などともウィスキーは良くあいますので、試して見ても良いでしょう。

とにかく自分の好きな飲み物と混ぜて最初の間は飲んでみるのが一番良い方法になります。
慣れてしまえば、ウィスキーだけをいただくというのでもいいのですが、最初の間はおつまみを用意してみてもいいでしょう。

おいしいおつまみをいただきながら、ウィスキーの味わいを楽しむというスタイルから始めてみてもいいでしょう。
おつまみは自分の好きなものであれば何でもOKです。
おつまみを作る手間を省くのであれば、夕食と一緒にウィスキーを飲んでみてもいいでしょう。
ウィスキーの場合には特に洋食とマッチしますので、高級感あふれる食卓になっていくはずです。
どんな方法でも構いませんので、その人がウィスキーを楽しめる方法によって、その味に慣れて行くようにすることが最良のいただき方ということになるはずです。

  • ウイスキーまとめ - 飲み方ウイスキーまとめ - 飲み方