カナディアンウイスキーの伝統と挑戦:アルバータ「プレミアム」&「ダークバッチ」

カナディアンウイスキーの伝統と挑戦:アルバータ「プレミアム」&「ダークバッチ」

日本ではそれほど認知度が高くはないカナディアンウイスキーは世界の5大ウイスキーにも数えられているようにグローバルな人気を保っています。 2018年04月19日作成

  • ウイスキー銘柄 - カナディアンウイスキーウイスキー銘柄 - カナディアンウイスキー
  • VIEW:510

日本ではそれほど認知度が高くはないカナディアンウイスキーは世界の5大ウイスキーにも数えられているようにグローバルな人気を保っています。 2018年04月19日作成

このサイトではカナディアンウイスキーの歴史と魅力を紹介にしながらとくにお勧めのカナディアンウイスキーの銘柄を紹介します。

そもそもカナディアンウイスキーって?

カナディアンウイスキーは日本国内ではあまり知られていないウイスキーではありますが、世界レベルでは5大ウイスキーの一つに数えられています。かってカナダウイスキーはone day whiskyと呼ばれるくらいの劣悪なウイスキーでしたが、アメリカの禁酒法の時代にその生産を伸ばして行きました。それに伴って、品質の改善が行われ今では5大ウイスキーの一つに数えられるようになっています。

カナディアンウイスキーはトウモロコシ、ライ麦、大麦の麦芽を原料として作られています。カナディアン・ライ・ウィスキーと呼ばれるためにはライ麦の使用比率を51%以上にする必要があります。発酵・蒸留後、蒸留酒は180L以上の木製の樽で3年以上行われる。麦を原料とした蒸留酒は火で焦がした樽が用いられますが、トウモロコシを原料とした蒸留酒の場合にはバーボン樽が用いられます。熟成後40度程度のアルコール度数をして販売されます。麦の風味が豊なために、ライトスムースと呼ばれ人気を集めています。お値段もお手頃ですのでお求めやすいウイスキーとしても知られています。

実はアメリカでよく飲まれているカナディアンウイスキーの歴史

カナディアンウイスキーの製造の中心をなしているのがアルバータ蒸留所です。4人のカルガリー男性の故郷を愛する気持ちがカナディアンウイスキーには込められています。地元のライ麦にこだわった製法は今でも受け継がれています。カナディアンロッキーの高原の風の中で静かに熟成されたカナディアンウイスキーの味は多くのファンを引き付けるものとなっています。カナダ人に多く愛されているイメージをもたれがちですが、アメリカの禁酒法の時代にその生産力を伸ばしてきた経緯もあり、アメリカ国内にも多くのファンが存在しています。むしろアメリカ人の方がよりカナディアンウイスキーを愛しているというような意見もあります。

ライ麦100%のシングルモルト「アルバータ プレミアム」

アルバータプレミアムが1958年依頼、ずっとカナディアンウイスキーの代表的な地位を保っています。ライ麦100%からなるシングルモルトは口当たりがよく、爽快感を味わいことも可能です。更には口の中で香味が華やかに開くという魅力も持っています。そのスパイシーな味わいが多くのファンを虜にしてきました。

ライモルトにバーボン、そしてシェリー酒を加えたブレンデッドウイスキー「アルバータ ダークバッチ」

アルバータ ダークパッチはカナダで2012年に新発売された銘柄でアメリカでは2014年に発売が開始されました。これまでの銘柄とは全く異なったコンセプトで作られています。すなわち、ライウイスキー91%、バーボン8%、シェリー酒1%の割合でブレンドされており、大胆かつリッチな味わいを満喫できるようになっています。

おすすめの飲み方:プレミアムはハイボール、ダークパッチはストレートで

カナディアンウイスキーはそれぞれ特徴をもっていますので、全て同じ飲み方が良いという訳ではありません。プレミアムはハイボールがお勧めです。炭酸の味わいが更にプレミアムの爽快さをアップさせてくれます。一方で、ダークパッチはストレイトがお勧めです。もともとブレンドによって作られたウイスキーですので、その味のバランスを損ねることなくいただくのが最高の贅沢になります。何度頂いても飽きの来ない魅力を兼ね備えたウイスキーとして知られています。 プレミアムダークパッチも日本国内で販売されていますので、お手軽にお買い求めになれます。また、多忙でお酒ショップに行く時間が無いというような方の場合には通販によってこれらのカナディアンウイスキーをお買い求めになることも可能です。
  • ウイスキー銘柄 - カナディアンウイスキーウイスキー銘柄 - カナディアンウイスキー
  • VIEW:510