ウイスキーは父の日のプレゼントにもおすすめ!こだわり銘柄集

ウイスキーは父の日のプレゼントにもおすすめ!こだわり銘柄集

父の日のプレゼントは何にしようかと考えている方も多いのではないでしょうか?例えば父の日に日ごろの感謝をこめてウイスキーを送ってみてはどうでしょうか?
2018年01月29日作成

  • 銘柄紹介銘柄紹介

父の日のプレゼントは何にしようかと考えている方も多いのではないでしょうか?例えば父の日に日ごろの感謝をこめてウイスキーを送ってみてはどうでしょうか?
2018年01月29日作成

目次

今回は父の日にプレゼントするのに最適なウィスキーを紹介していきます。きっとお父さんの喜びにあふれる笑顔を導いてくれるはずでしょう。

1. 日ごろの感謝にウイスキーを

お父さんは一家の大黒柱ですが、なかなかお父さんに対して感謝の気持ちを述べる機会は持てないのですよね。
なんとなく照れくさい部分もありますので、それは仕方のないことです。
でもお父さんに対して日ごろの感謝の気持ちを伝えたいと思っているのであれ、父の日を利用してみるといいでしょう。

父の日はお父さんに対しての感謝を述べる日ということになっていますので、それほど抵抗なく日ごろの感謝の気持ちをお父さんに伝えることができるのではないでしょうか?
日ごろの感謝の気持ちを言葉で伝えるだけでもお父さんはもちろん喜んでくれるはずですが、せっかくですから、お父さんの好きなものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、お酒のお好きなお父さんでしたら、ウィスキーをプレゼントしてみるといいでしょう。
折角ですから、お父さんが喜ぶような少し高級なウィスキーを日ごろの感謝をこめてプレゼントしてみるといいでしょう。

2. 知多

知多は、サントリース社が製造・販売を行っているブレンデッド・グレーンウイスキーです。
サントリーの関連会社であるサングレインの蒸留所が愛知県知多市にあるためにその名がつけられています。
もともとは愛知県限定の商品でしたが、大きな人気を博しているために、全国販売することになりました。
また、知多の人気に誘われて、蒸留所を訪れる人も増えてきています。

原材料としてはトウモロコシやライ麦、小麦などの穀物に大麦麦芽を少量添加して糖化・発酵させたものを用いています。
昨今はハイボールが食事中のお酒として人気を博鄭いますが、どんな料理にもあう軽やかな味わいの知多も同様に食事中に召し上がるのに適しています。
お父さんに父の日にプレゼントすれば、毎日の夕食の時間が知多の味わいで更に素晴らしいものになるはずです。

3. ボウモア

ボウモアはサントリー社が保有するスコットランドにあるボウモアウイスキー蒸留所で作成されているウイスキーです。
非常に由緒正しい蒸留所で、エリザベス女王が訪問したことでも知られています。
エリザベス女王が訪問した時に専門のウィスキー樽で歓迎をしました。
今でもその樽は保管されています。

ボウモアは、泥炭の影響が残るラーガン川の水を用いて作成されています。
バーボン樽やオロロソ・シェリー樽による熟成が行われています。
ボウモアはアイラモルトの女王とも呼ばれています。
船などの進水式や命名式にはシャンパンやワインのボトルを新しい船にぶつけることによってその安全を祈ることをしますが、空母クイーンエリザベスの場合には、特にボウモアが用いられる事になりました。
気品あふれるボウモアを父の日にプレゼントすると喜んでもらえるはずです。

4. バランタイン

バランタインはサントリーが輸入販売を行っているスコッチウイスキーです。
バランタインは非常に格式の高いウィスキーで、1895年にはビクトリア女王によって、王室ご用達のお墨付きを頂いています。
1937年にはスキャパ、プルトニー、グレンカダム、グレンバーギなどを中核にして、バランタイン17年が製造されました。
バランタイン17年はThe Scotchとも呼ばれています。
その原酒である7種類のモルトはバランタイン魔法の7柱と呼ばれていて世界的にも有名です。

父の日に世界の名酒とも言われているバランタイン17年をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
お父さんへの感謝の気持ちを十分に届けてくれる最高の贈り物としての役割を果たしてくれることになるでしょう。
たまには、お父さんにちょっと贅沢をしてもらってもいいのではないでしょうか?

  • 銘柄紹介銘柄紹介